iminomiya

iminomiya02 sisetusyokai[1]

忌とは斎と同義語で、特に清浄にして神霊を奉斎する忌みであると言い、現在の社殿は明治十年(1877)の造営で、昭和五十六年(1981)に改修したものと言われています。
この社の夏祭として毎年8月7日から1週間続く「数方庭祭」は、1,800年の歴史を持つ“天下の奇祭”として有名であり,市の文化財に指定されています。
境内には数多くの文化財を所蔵する宝物館や,蚕が初めて日本に渡来した地としての記念碑等があります。

sisetudate[1]
所在地/下関市長府宮ノ内町1-18


交通/JR長府駅からバス7分「城下町長府」下車、徒歩5分、JR下関駅からバス23分「城下町長府」下車、徒歩5分

問い合わせ/忌宮神社 083-245-1093

sisetumap[1]

One Response to “忌宮神社”

Leave a Reply

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリー
アーカイブ